ワールドカップ始まる<後編>

表題と内容が微妙に一致してないのはご容赦下さい(笑)


さてさて、昨日楽しみだと言ってたイングランド対パラグアイの試合は、あまりにも早すぎるイングランドのゴールで面白みに欠ける内容となってしまいましたね。


イングランドは前半開始早々に左サイドでフリーキックを得ると、ベッカムがゴールへ向かうインスイングのボールを蹴りこみ、競り合いの中でパラグアイDFガマーラがアンラッキーなオウンゴール。先制点がこの時間に、しかもイングランドに入った時点で、その後の試合展開が退屈な内容になりそうな予感がしたのは私だけではないでしょう。


あまりにも早い先制点は、次第にイングランドの中盤を後退させピッチをワイドに使うような展開もあまり見られなくなりました。最も残念だったのは、両チーム共にパスの精度(特にインターセプトからのパス)が悪く、見ている側に緊張感を届けられないままダラダラと時間だけが過ぎていったこと。かといって活発に攻守が切り替わることもありませんでしたしね。


初戦ということもあり、先制点が試合の方向性を決めたのは間違いの無いところですが、パラグアイは与えられた時間を有効に使うことができませんでした。2点目を失うことは確かに大きなリスクとなりますが、もっと人を前に割いて前がかりに押し込むことが出来ていたならば、勝敗は別としてみる側はピッチから目を背けずに済んだんじゃないかと思います。まぁ観客を楽しませる為にリスクを犯したりはしないでしょうがね。(それにしてもパラグアイは同点に追いつくには程遠いサッカーをやっていたのではないでしょうか?)


さて、本日注目のカードはオランダ対セルビアモンテネグロ戦。戦力勝るオランダがどんなサッカーを見せてくれるのか楽しみです。4-3-3はどう連動するのか?

[PR]
# by minomusi1919 | 2006-06-11 15:09 | Sports